司法書士の高木です。
先日のブログでご紹介しました通り、NHKの「クローズアップ現代」で家族信託が特集されました。

番組内では、認知症になると親御さんの資産が凍結されてしまうという問題に対し、お父さんが元気なうちに「家族信託」の手続きを事前に行っていた方々は、お父さんが実際に認知症になってしまった現在も無事に施設への入居・介護費の捻出ができているという事例を紹介されていました。

インタビューでは、「家族信託で対策をとっていたおかげで、今こうしていられる」というようなお話しもされていました。

実際、名古屋家族信託相談所で家族信託の手続きをされた方々も、ご自宅を信託したおかげで、その後の不動産の売却がスムーズに進み、施設費用を賄うことができたという事例が複数あります。
全国的にこういった広がりをみせていて、改めて有効な手続きだなと感じました。

 

また、もうひとつのテーマとして「成年後見」の制度についても、取り上げられていました。

兄弟の一人が判断能力の弱った親の財産を使いこんでいるという事例では効果的ではあるものの、問題点として、財産管理がとても面倒で家族の負担になっているということがあげられています。

番組の中で紹介されたご家族は、家の修繕をするためお母さんの預金をおろしたいのに、既に成年後見人がついているお母さんの資産を利用するのが想像以上に大変というお話でした。
成年後見制度を利用している場合、財産の支出には厳格な制限があります。

・業者見積を4社以上とること(不当な価格でないことの証明)
・なぜ費用が必要かの理由を書面で提出すること

などなど、決して無駄遣いする訳でないのに、いろいろな書類の提出を求められたそうです。
事あるごとにこういった煩雑な手続きが必要ということを考えていなかったので、弁護士に「もう後見をやめてほしい」と申し出ましたが、後見制度は本人の意思が回復するか、亡くなるまでやめることはできません。
もう少し事前に制度利用の是非を考えるべきだったというのが、ご家族の気持ちでした。

NHK「クローズアップ現代」の見逃し放送は、NHKオンデマンドで放送をしております。

 

家族信託は、成年後見に比べて柔軟な財産管理ができるということが最大のメリットです。
今回のクローズアップ現代を、私の親も見ていたそうで、「成年後見人っていうのは、合わない弁護士がついてもなかなか変えられないし、すごく大変なんだね」ということを言っていました。
私もなかなか自分の両親に将来のこと・相続のことを話す機会を得られていませんでしたが、この話の流れで両親に家族信託をしてもらいたいという話をすることができました。
私が老後の財産管理を請け負う気持ちがあるということを伝えたことで、親も安心していたように感じます。

後見制度は「本人の財産を守ること」を主目的とした制度で、決して悪い制度ではなく、認知症などで意思判断能力が衰えてしまった本人のために財産を保護するための制度です。
しかし、ご家族にはそれぞれの事情・状況があるので、制度が適さない家庭があるという現状もあります。

名古屋家族信託相談所では、数多くのご家族の財産管理・相続に関する事例を扱っていますので、
対策がないとどういうことが起こるかということもご説明できます。
一度家族で将来のことを話しておきたいという際は、ぜひお気軽にご相談ください。

担当 高木

 

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。
○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、
遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。

 
相談専用ダイヤル☎ 0120-889-719
(年中無休 朝9時〜夜8時)