名古屋市北区の実家の家族信託ご相談事例

家族信託は、資産が多い人だけのものではありません。
実家だけを家族信託にしたい、預貯金の一部だけを家族信託したいというご相談もとてもたくさんあります。
将来、父や母が老人ホームや施設に入った場合のために、実家だけ家族信託で手当てしておきたいというようなケースでは、実家信託のプランもご提案させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
今回は、名古屋市北区の実家を信託したいというご相談の事例です。

名古屋市北区の家族信託は家族信託相談所

家族信託のしくみ

NHKあさイチで家族信託を特集

家族信託のことは、NHKの番組 あさイチでの特集を見て初めて知ったとのことで、ご相談いただきました。
北区にある父名義の自宅について、今後父が施設に入居することになった場合に、人に貸したり売却したりできるようにしておきたいということでした。

認知症になると不動産の売却ができなくなる

もし認知症になって意思判断能力が衰えてしまうと、法的な契約行為ができなくなります。
つまり、施設に入所することになり、不動産を売りたいと思っても、売買契約を締結することができません。
不動産売買の本人確認・意思確認は、司法書士が行いますが、本人と面談して意思判断が確認できないので、不動産売買を進めることはできませんという結論になることは非常によくあります。
そうなる前に、本人が元気なうちに準備をしておく必要があるのです。

家族信託以外も任意後見や生前贈与を検討

認知症への備え・対策は、家族信託だけではありません。
事前に後見人を選んでおく任意後見や、財産の権利を全て移転する生前贈与などの方法もあります。
名古屋家族信託相談所では、さまざまな選択肢を提案させていただき、それぞれの方法のメリット・デメリット、お客様の事情や状況、税金や費用などを総合的に検討して、決定していきます。
たとえば、贈与が選択肢として検討できる状況であれば、贈与税・不動産取得税・登録免許税の計算や相続税の簡易試算をして相続時精算課税がいいかどうか等の検討を行っていきます。
内容により、各手続きを併用する場合もあります。
今回は、比較検討した結果、お父様とお子様の意向が合致した家族信託で手続きを進めることになりました。

実家と少額の預貯金を信託

実家がある北区の土地建物を信託したいというのがご相談のメインでしたので、実家を信託財産として、不動産の信託登記を行いました。
固定資産税は、家族信託がスタートした後は、受託者として登記されているお子様のほうに請求が行くことになります。
そのため、その支払いや今後の管理していく分だけの資金を、信託金融資産として信託することにしました。
まだまだお父様も元気な方でしたが、今後の老後の生活のために手当てをして準備しておくことができ、とても喜んでいただきました。

実家の家族信託ご相談ください

信託というと、信託銀行や投資信託のようなイメージを持っている方が多く、難しいとか資産家や金持ち向けといった印象があるようです。
しかし、家族信託は、まったくそのようなことはありません。
家族信託は、信頼できる家族による、大切な家族のための、とても身近な手続きです。
財産の額は関係ありませんので、ご遠慮なくご相談いただければと思います。

名古屋市北区の家族信託は名古屋家族信託相談所へ

北区の家族信託のご相談は、名古屋家族信託相談所までお気軽にご相談ください。
手続きやアクセスの詳細は、名古屋市北区の家族信託の手続きページもご覧ください。
北区からお越しいただく場合は、電車だと名古屋駅オフィスが便利です。地下鉄またはJRで、名古屋駅か国際センター駅で下車してください。
自動車でお越しの場合は、高速の名二環で来られるエリアでしたら緑オフィスも来ていただきやすいかと思います。
土日・夜間も営業しておりますので、ご都合の良いお日にちをご連絡ください。
家族信託のご相談は無料ですので、お気軽にご相談いただければと思います。