あさイチで認知症と家族信託の番組

NHKの番組「あさイチ」で、「どうする?実家の始末」というタイトルで、認知症と家族信託の特集が組まれました。
実家の土地と家について、親が他界した後にどうすればよいか、親が所有している田んぼや山林などは、売っても大した金額にはならないし、そもそも売れるかどうかわからない。
また、親が認知症になってしまった場合、財産が凍結される。そうなった時に備えて、家族信託についての説明がありました。

家族信託で認知症の財産凍結を防げ

父親や母親が認知症になってしまうと、親名義の財産が凍結され、土地や建物などの不動産、銀行の預貯金をおろしたりすることができなくなってしまいます。そうなる前に、家族信託での認知症対策を準備しておくことが有効となります。
何も準備をせずに親が認知症になってしまった場合、施設に入るためのお金を捻出しようと、親の名義の実家の家土地を売ろうとしても、成年後見人を立てて手続きをするしか方法はありません。
成年後見制度では、裁判所の許可がないと実家の家を売ることはできなくなり、財産の管理にも制限がでてきます。

家族信託は生前の遺産分割になる

家族信託では、お父さん・お母さんが元気なうちに、今後どうやって生きていきたいか、今まで築き上げてきた財産をどうやって子ども達に承継していきたいかということを話し合うことになります。
相続で紛争になり、「争族・争続」と言われるのは、親の死後に残された相続人が話し合い、親がいない中でそれぞれが色々な事情を主張して、一向に話がまとまらず、もめ事になるというケースが大半です。
遺産分割を行うときに、「すでに親がいない」という点が、紛争の大きな問題となるのです。

家族信託では家族の話し合いが大事

家族信託では、親がまだ元気なときに、家族の間で財産のことについて話し合いを行う、前向きな手続きです。
まさに、「生前の遺産分割協議」と言えるものです。

家族間の話し合いも、財産を誰がもらうというような話だけではなく、親が今まで仕事をして頑張って作ってきた財産を、親の老後の生活のためにしっかり使ってもらいたい、そのために子ども達で協力して助け合っていきたい、そして残った分は、子ども達でこうやって分けていきたいけどどうだろうか、という建設的な話が多く行われています。

親の老後を充実したものにするために、そして将来の相続紛争を予防するためにも、家族信託を検討してみてください。

家族信託の関連ページ

家族信託の事例・できること

 

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。
○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。

 
相談専用ダイヤル☎ 0120-889-719
(年中無休 朝9時〜夜8時)